buddygirlandmechanic:

発売中のEP: Topsy-Turvyより、アメリカ映画 Kumiko, The Treasure Hunter (主演:菊地凛子) に使用されたピアノ入りアップテンポな曲 “Mechanic Nonsense” の紹介です。ぜひ聴いてみて下さい。

最近、アー写【宣伝用のアーティスト写真のことなんですって!初めて知りました。女性の名前かと思った】とやらを要求される機会が増えまして、数少ない集合写真を色々とPhotoshopで加工して使いまわしておるのです。

ここで、Photoshopで心霊写真を作りながら技を覚えた私の腕が役立ったわけです~。

そんな中でボツになった写真を1枚。

Buddy Girl and Mechanic

・・・雨の日に撮ったのでオーブがたくさん。ブッチ赤目。早川父さん&軍ちゃん目つむり。私の腕には角にぶつけた青あざ痕。

でも雨の中、「集合写真必要!」ってんで急いでスタジオ外のテキトーな壁の前(確か共産党のビル)で通行人に撮ってもらった場当たり感が、何故か好きな1枚です。

TOPSY-TURVY 発売中です!聴いてね~

buddygirlandmechanic:

Buddy Girl & Mechanic NEW EP “Topsy-Turvy” July 16th on sale !
新譜「Topsy-Turvy」 7月16日発売です。

Songs-収録曲:Mechanic Nonsense, Topsy-Turvy, Cats Scratching, Circe’s Kitchen, Release the Fish, Nature/Property.


大物!

Buddy Girl & Mechanic are making a music video directed by the wonderful Kohei Soeda.

buddygirlandmechanic:

■Buddy Girl and Mechanic on the BBC Radio. Check it out!
■BBC 
Radioでバディガールアンドメカニック紹介されました。聴いてね。


Nick Luscombe

buddygirlandmechanic:

5/30(金)東高円寺U.F.O.CLUBBUDDY GIRL and MECHANIC presents “RE COMIC STRIP vol.4”
open 19:00- start 19:30adv 2,000円(+1D) door 2,300円(+1D)《LIVE》・SOSITE・Numb Turnpike・The Paellas・BUDDY GIRL and MECHNAIC《DJ》・Ian Martin(Call and Response Records)・ogadai&yuriko (Ano(t)raks)

buddygirlandmechanic:

5/30(金)東高円寺U.F.O.CLUB
BUDDY GIRL and MECHANIC presents 
“RE COMIC STRIP vol.4”

open 19:00- start 19:30
adv 2,000円(+1D) door 2,300円(+1D)
《LIVE》
・SOSITE
・Numb Turnpike
・The Paellas
・BUDDY GIRL and MECHNAIC
《DJ》
・Ian Martin(Call and Response Records)
・ogadai&yuriko (Ano(t)raks)

itscolossal:

New Bird & Butterfly Flip Book Machines by Juan Fontanive

Next show

buddygirlandmechanic:

30May@UfoClub

Buddy,Girl&Mechanic/SOSITE/The Paellas /NumbTurnpike

DJ:Dai Ogasawara from Ano(t)raks / Ian Martin

suicidewatch:

Kira Roessler

今日はずっとこの人のベース聴いてビリビリ憧れながら宅録。でも出来上がりはホワッホワになる予定。

buddygirlandmechanic:

【NEXT SHOW】Miu Mauの「Monochrome/Spring」7インチ / Hysteric Picnic「Cult Pops」ミニアルバムリリースパーティーに参加します。ニューウェイヴと奇怪ポップスなパーティ!Miu Mau and Hysteric Picnic are having a release party for the “Monochrome/Spring” 7inch and the “Cult Pops” mini-album. New wave and weird pop party!Place: Shibuya Home (http://www.toos.co.jp/home/)Date: 3/1(Sat)Time: 19:00 open / 19:30 startCost: ¥2000+drink (adv) / ¥2500+drink (door)Live:- Miu Mau (https://soundcloud.com/masamitakashima)- Hysteric Picnic (https://soundcloud.com/hystericpicnic)- Jebiotto (http://www.youtube.com/watch?v=DmmEHCyyaoA)- Buddy Girl and Mechanic (https://soundcloud.com/buddygirlandmechanic)DJs:- Sayaka (Merpeoples)- Ian Martin (Call And Response Records)

buddygirlandmechanic:

【NEXT SHOW】
Miu Mauの「Monochrome/Spring」7インチ / Hysteric Picnic「Cult Pops」ミニアルバム
リリースパーティーに参加します。ニューウェイヴと奇怪ポップスなパーティ!
Miu Mau and Hysteric Picnic are having a release party for the “Monochrome/Spring” 7inch and the “Cult Pops” mini-album. New wave and weird pop party!

Place: Shibuya Home (http://www.toos.co.jp/home/)
Date: 3/1(Sat)
Time: 19:00 open / 19:30 start
Cost: ¥2000+drink (adv) / ¥2500+drink (door)
Live:
- Miu Mau (https://soundcloud.com/masamitakashima)
- Hysteric Picnic (https://soundcloud.com/hystericpicnic)
- Jebiotto (http://www.youtube.com/watch?v=DmmEHCyyaoA)
- Buddy Girl and Mechanic (https://soundcloud.com/buddygirlandmechanic)
DJs:
- Sayaka (Merpeoples)
- Ian Martin (Call And Response Records)

buddygirlandmechanic:

Our desire that life should be more like it is in the movies beats at the heart of “Kumiko the Treasure Hunter.”

'Kumiko the Treasure Hunter'(クミコ、ザ・トレジャーハンター)

2014 David Zellner’s film (デヴィッド・ゼルナー監督)
Featuring Rinko Kikuchi (菊地凛子主演)

BUDDY GIRL and MECHANIC song is played on this film. and We danced a little. We hope to see this in Japan.
この映画で私たちの曲が流れます&少し踊ったりもしています。日本公開されたらいいなぁ。


Kumiko the Treasure Hunter

buddygirlandmechanic:

Buddy Girl and Mechanic at UFO club, 17/Jan/2014

17日の金曜日、いよいよライブです!at last Next Friday, 17th! our show.

buddygirlandmechanic:

■2014年1月17日(金) 
U.F.O.CLUB18周年記念 【BUDDY GIRL and MECHANIC presents “RE COMIC STRIP vol.3”】


LIVE:
・BUDDY GIRL and MECHANIC
・MOMUS
・嶺川貴子

DJ:Ian Martin

OPEN 19:00 / START 20:00
前売¥2,500(D別) / 当日¥2,800(D別)

【チケット予約】
U.F.O.CLUB(03-5306-0240)にて前売りチケット予約受付け中!!!

※当日は大変混雑が予想されます。クローク等の設備は御座いませんので軽装でのご来店にご協力下さい。よろしくお願い致します

猫好きなのに犬神になった話

とても悲しかった。

私は5歳かそこら。場所は新潟だと思う。
多分、古い日本家屋である祖母の家だと思うのだけど、黒鳶色に光る古めかしい民家を、私は見下ろしている。山から。いや、そんなに高くはないので岡かな。
見晴らしの良い岡の上から、四つん這いになって見下ろしている。

私は何故か、その家に入れないのを知っている。そこには母親と弟、見知らぬ女性とその娘がいるのだけれど、どういうわけか私にとってその見知らぬ女性は天敵で、私を食べてしまうとわかっている。

だから、私は山の木の実や果物や小動物を捕らえては、母親と弟に食べてもらうために民家の玄関に置いて帰る。
民家のある村への行き帰り、私は両腕と足を使って、風のように速く走れる。その速さは体が浮かび上がって飛んでいくようで心地よくて、疾走する感覚は未だに私の体に残っている。

岡から母親のいる民家を見下ろすと、村人たちが集まっているのが見える。そして、すごく遠いのに、彼らの話し声が聴こえる。
「犬神さまが置いていかれたんだわ」

私は口が利けなくなっていて、涙も流れない。だけれど悲しい気持ちが溢れる。そうして、昔の人が作った神様の中には、私みたいに里に帰れなくなった子供も含まれていたんじゃないか?なんて分析までしている。

手には、私が残酷に捕らえたリスの毛皮。そのまだ暖かい毛皮を口に当てながら - 今朝、悲しくて、目が覚めた。そしたら喉が痛かった。
風邪かな。

Tags: 犬神

<--GOOGLE ANALYTICS--> <--GOOGLE ANALYTICS-->